スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

カラフル*フロム・ダスク・ティル・ドーン

カラフルを観てきました。
原作を高校の時に読んでいたのですが、
ストーリーを全く思い出せずに映画鑑賞。

オープニングで完全に思い出しました。
まあ、結末はすぐ分かるので問題ないかと。


うーーん。。。
大人向け要素も含んでいるかと思ったら、完全に学生向けでした。
声と音楽がとても鬱陶しい。

特に、ガイドぷらぷらの胡散臭い関西弁。
演技かと思ったら関西生まれの外国人でした\(^O^)/
関西弁でおちゃらけたキャラじゃない方が良かったなー。

良かったと言えば、ひろかの○ッチっぷり。
ココアシガレットを食べるあの仕草は絶対にビッ○だ!良い!!

あとは、ハンバーグですね。
あの不快感を感じさせる演出はうまい。


公式サイトには「~かつて中学生だったあなたへ~」とありますが
今、色々と悩みを抱えている思春期の子ども達
つまらない毎日を淡々と送っている中学生が観るべき映画じゃないかなーと。

周りの大人達の愛情。
友達の大切さ。
同じ時を共有する幸せ。
何よりも、少しのきっかけで人生楽しくなること。

大人はもう、乗り越えてますからね(・x・)
中学生の頃は何をしていただろうと考えるのも良いかもしれませんね。
思春期の頃は、親の愛情伝わりにくいですよね。
私も高校を卒業して、家を出てから親の有り難さを感じました。
どれだけ私に愛情を注いでくれていたのかも。
誰でも1人で生まれて1人で生きている訳ではないですからね。

命大事に!!


あ。舞台が等々力でした。
前に1度行った
ので、背景がそのまんまでちょっと面白かったです。

***

映画館に行く前に
フロム・ダスク・ティル・ドーンを観てから行きました。
タランティーノは本当にド変態ですね。
そこが良いのですけれどw
死ぬ直前の足酒は、すっごくやりたかったんだろうなー。
ギャラはあれで良いんじゃないかとw

こういうハイテンションなバカ映画もたまには良いですね。
まさかの展開すぎてずっこけました。
最初から笑っていましたが、もう笑うしかないです。
ということで、オヌヌメです。

*残虐シーンが苦手な方はご注意を。


↓よろしければ応援クリックお願いします♪↓
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
関連記事
スポンサーサイト
2010-08-29 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

*プロフィール*

まちこ

Author:まちこ
aniyちゃんを制作しながら、フレンチロップの富士さんと一緒にゆるーく暮らしています。

ウサギ、可愛いものが大好きです。
写真を撮りにあちこちふらふらしています。

巨大建造物、工場を撮ったりしています。
最近鉄道写真を始めました。

*メールフォーム*

名前:
メール:
件名:
本文:

*ブログ内検索*

*オススメ商品*











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。