スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

愛宕山ケーブルカー跡地

足が痛くなってから、出かけていないので
書くネタもあまりなくてつまらないと思うので
今年始めに行ってきた廃墟の写真を載せていこうと思います。
見た事ある方もいらっしゃると思いますが、我慢してください\(^O^)/

2010.02.03
愛宕山ケーブルカー跡地の廃線を歩く。

昭和4年に開業し、昭和19年には戦争に鉄を使うために廃業になったそうです。
ここの周りにはホテル、遊園地、スキー場等が建てられて、当時は凄くにぎわったそうです。
今は、この駅舎と、ホテルの基礎部分が残っています。

DSC_4887.jpg
駅舎へ行くための第一トンネル入り口。
ほとんど整備されていないので、木が倒れていました。
廃墟にたどり着くまでに、5,6個トンネルを通るのですが
そのうちの2つは土砂でトンネルが塞がっていて、
通る事が出来ず、トンネルの周りを迂回するはめに><;

DSC_5007.jpg
廃墟になってから50年以上たっているので、
コンクリートの下から木が・・・。

DSC_5117.jpg
振り返ると、街を見下ろせる程の高さ。
昔は楽にこの景色を見られたのかな(・x・)

DSC_5150.jpg
登山開始から約3時間。目的地に到着(*´ω`)
かつては賑わっていたとは思えない程の静けさ。

DSC_5177.jpg
むき出しになったコンクリートとガラスのなくなった窓。
レトロな作り。こういうの大好き!

DSC_5231.jpg
外には椅子がぽつん。

DSC_5263.jpg
少し歩いた所に、ホテル跡。
基礎部分しか残っていませんでした。
建物の中とは思えない程木が生い茂っていました。

DSC_5288.jpg
少しずつ、少しずつ自然に浸食されながら
最期の時を待つ廃墟は美しい。
雪が降る駅舎も魅力的なのですが
いつか、新緑の生い茂る初夏にも足を運んでみたいです。


↓よろしければ応援クリックお願いします♪↓
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
関連記事
スポンサーサイト
2010-09-22 : 風景 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
美しいけど、怖い・・・
なんだかチェルノブイリを思い出してしまいます。
建物にはそこで生活していた人たちの気持ちが残っていそうで、
私の心もザワザワする気がします。
でも廃墟は気になって見てしまいますv-356
2010-09-23 15:53 : ぱん URL : 編集
*ぱん様
そこが廃墟の魅力なのだと私は思っています。
嘗ては人々が笑ったり、泣いたり色んな思いが詰まった建物。
からっぽになった今でも、建物だけはそこに有って、
自然に還る時をただ待っている。

そういった哀愁と自然の美しさで人を魅了しているのかなーと。
言葉にするのは難しいですね><;
2010-09-27 09:46 : まちこ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

*プロフィール*

まちこ

Author:まちこ
aniyちゃんを制作しながら、フレンチロップの富士さんと一緒にゆるーく暮らしています。

ウサギ、可愛いものが大好きです。
写真を撮りにあちこちふらふらしています。

巨大建造物、工場を撮ったりしています。
最近鉄道写真を始めました。

*メールフォーム*

名前:
メール:
件名:
本文:

*ブログ内検索*

*オススメ商品*











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。