スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ブリッジ

見ているだけで鬱だ。
どうして、こんな映画を作ってしまったのか分からない。

世界的に自殺者が最も多いゴールデン・ブリッジを1年間撮り続けるというドキュメンタリー。
自殺しそうな人をカメラで追い、助けもせず、ただ飛び込む瞬間を撮る。
「走っても、警察に通報しても間に合わない」と監督は言っているそうなのですが
それは本当?自殺現場を撮りたかったのでは?と思ってしまいました。



途中、自殺者の家族、友人等のインタビューが入るのですが
そこからは絶望しか感じられず、
助かった人も「腫れ物みたいに扱わないで」と言う。

本当に謎。
これでは自殺しない事を真剣に考えさせる映画ではなくて
自殺する事を真剣に考えさせる映画になっている・・・。

悪い意味で後味の悪すぎる映画です。


↓よろしければ応援クリックお願いします♪↓
にほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
関連記事
スポンサーサイト
2010-09-23 : 映画 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-09-23 01:04 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-09-23 11:32 : : 編集
*スネーク様
もっと前向きな意見も必要かなーと。
ドキュメンタリーで考えさせられる内容なら評価されるのはちょっとおかしい気がします。
すごくもったいない。

ほう。こんどみてみますねー。
2010-09-27 09:34 : まちこ URL : 編集
*ks
自殺ゲーなの?
2010-09-27 09:36 : まちこ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

*プロフィール*

まちこ

Author:まちこ
aniyちゃんを制作しながら、フレンチロップの富士さんと一緒にゆるーく暮らしています。

ウサギ、可愛いものが大好きです。
写真を撮りにあちこちふらふらしています。

巨大建造物、工場を撮ったりしています。
最近鉄道写真を始めました。

*メールフォーム*

名前:
メール:
件名:
本文:

*ブログ内検索*

*オススメ商品*











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。